大人ニキビの大敵である揺らぎ肌を改善

  • ニキビ対処の基本「洗顔」も実は注意が必要です

    • 若い頃、それこそ10代の頃といえば、ニキビはあって当然のような存在でした。

      思春期のホルモンバランスの乱れにより、ターンオーバーも乱れてしまうからです。

      ホルモンバランスは大人になるにつれ安定し、ニキビもだんだんと少なくなってくるのですが、残念ながら完全になくなる訳ではありませんので、正しい対処が必要です。



      ニキビの原因は単純に「毛穴が皮脂で詰まってしまう」という事ですから、洗顔は基本中の基本なのですが、単純に顔を洗っていればよいという訳でもなく、方法を間違うと悪化させてしまうかもしれません。

      まず気をつけなければいけないのが、洗い過ぎです。



      特に油性肌の方は、テカりやベタベタが気になってしまうので、つい1日に何度も洗顔してしまいがちです。



      ですが洗顔のし過ぎはターンオーバーを乱す原因にもなりますし、何より皮脂を余計に取りすぎる結果、更に皮脂を分泌させてしまうという悪循環に陥ります。
      洗顔は1日2回程度にとどめ、もちろん肌に負担をかけるようなゴシゴシ洗いや、汚れの落ちきらない雑な洗い方はしないように気をつけます。



      乾燥肌の方の場合、もともと皮脂の分泌量が少ないため、一度洗顔をしてしまうと肌が全くの無防備になってしまう可能性があります。



      皮脂は確かにニキビの原因となる物ですが、肌を守るバリヤの役割もしているのです。


      洗顔は必要ですが、その後のスキンケアがとても重要で、たっぷりの水分補給をするようにしてください。また、乾燥を気にするあまり油分の多いクリームを使い続けると、逆に肌を自力で正常化する力が弱まってしまう事もあるので注意してください。水分と油分のバランスがとても重要なので、混合肌用のスキンケア商品を利用するのも1つの方法です。


      洗顔だけしていてもニキビは治らないかもしれませんが、洗顔なしでの完治もありえません。



      自分にあった洗顔方法やスキンケアを見つけることが大切です。

  • 関連リンク